四つ切が減った?

 写真の楽しみ方は人それぞれだと思いますが、私は撮った写真を大きく伸ばして額装しています。最低でも四つ切、多くは半切や全紙にプリントして額装しています。
 写真は大きく引き伸ばすと全く別物になります。私のようなへっぽこな写真でも四つ切に伸ばして額装するだけで、著名なフォトグラファーが撮った写真ではないかと思えてしまいます(誤解のないように付け加えますが、あくまでも自己満足の世界です)。

 写真の額は各社から様々なものが出ていますが、マット紙の縁の幅が大きい(ワイドマットタイプ)額のほうが写真が映えます。四つ切の額の場合、多くの製品はマット紙の縁の幅が35mmくらいです。このような額だと2,000円前後という比較的手ごろな値段で購入できますが、マット紙の幅が倍くらいあるワイドマットタイプの額になると価格は3倍以上になります。しかし、同じ写真を額装しても見栄えが全く異なります。つまり、私のようなへっぽこな写真でも立派に見えるということです。

 ところが近年、額縁を購入しようとしてネットで検索したり大手のカメラ店に行っても、四つ切の額縁の種類が極めて少なくなっている気がします。代わりに増えているのがA4とかワイド四つ切です。多分これは、35mmカメラのアスペクト比に近いことが理由ではないかと思われます。四つ切はアスペクト比が1:1.2くらいなので、35mmカメラの1:1.5で撮った写真だと左右が大きくカットされてしまいます。私が使っているカメラは67判や4×5なので、四つ切はフィルムのアスペクト比と近いので、伸ばしてもしっくりくるわけです。

 写真のアスペクト比については人それぞれの好みだと思いますし、写真として仕上げるのにやりやすい比率があると思います。
 それと、これは人間の目の錯覚なのかもしれませんが、同じアスペクト比でも縦位置と横位置では、縦位置のほうがアスペクト比が大きく感じます。ですので、35mmカメラで撮った縦位置の写真はとても縦長に感じてしまいます。

 講釈はともかく、私にとって四つ切の額縁のバリエーションが減ってしまっているのは悲しいことです。額縁はなんでもいいというわけではなく、やはり写真が映えることが重要です。特に私のようなへっぽこ写真の場合、額縁の果たす役割は極めて大きいのです。額装する写真によって似合う額縁、似合わない額縁がありますが、個人的には主張しすぎない額縁が好きです。具体的には額縁のフレームが太すぎない、色が目立ちすぎないというのが好みです。額縁のフレームが目立ちすぎると、額装した写真よりもフレームに目が行ってしまいます。額縁に負けない写真を撮ればいいじゃないかと言われればそれまでですが、額縁によって写真を引き立ててもらうのも、へっぽこフォトグラファーのへっぽこたる所以です。

(2020.7.6)

#額装

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。